MENU

 卒業してからあまり連絡を取っていなかった高校時代の親友から、LINE通知が飛んできたんです。
久しぶりだったこともあって、とっても楽しくやりとりをすることができました。
無料通話の特性を活かして、最近の近況報告なんかもやっちゃったりして、久しぶりに本当に高揚感に包まれているって感じがしたんです。
彼女は大学に進学をして自宅から通っていると言う事で、お互いに家にいるのが辛いという話で盛り上がってきました。
彼女の話を聞いていると、家出中あまりこもることはないと言うのです。
不思議だなって感じがしてしまったのです。
だって家出をしたっていくところもないし、お金もないから結局は早く帰ることになるんじゃないのか?って思っていたからです。
そのことを彼女に聞いてみたのですが、ビックリしてしまったのですが助けてくれる人を探せるというのです。
「それって知り合いとかに助けてもらうの?」
思わず問いかけてしまいました。
「違うよ、知り合いとかじゃなくてまったく他人なの」
まったくの他人に助けてもらうことができる?ますます頭の中が混乱状態になってしまったのでした。
彼女の言っている意味を理解しようとはするのですが、まったくもって不可解でもっと詳しく話を聞くことにしました。
「なんで知らない人に助けてもらうことができるの?」
「世の中いろいろな人がいるからさぁ、家出中の女の子を助けたいって思う人もいるんだよね」
家出中の女の子を助けたい、そんな人がいるの初耳だったのです。

そういう人と知り合うことができれば、私の家出ライフももっと楽なものになるじゃないかって思ってしまいました。
なにか特別な方法とか秘訣とかあるのかなって感じで、さらに友達に話を聞いていく事にしたのです。