MENU

 23歳の年上の会社員の人に連れられて、彼の住んでいるワンルームマンションに来ました。
初めての神待ち体験で、やっぱり心臓はバクバク状態でした。
だけど、かなり優しい性格の人だったことと、自分のタイプのルックスだから心の底では何だかドキドキ感も始まってしまっていたりするんです。
こういう人だったら助けてくれたお礼に、関係を持ってしまってもいいかもしれないなって、ちょっと思っている自分もいたんです。
彼は食事を用意するからお風呂でも入ってきなって言ってくれ、それに甘えてゆっくりと湯船につかっていきました。
お風呂から出ると食事をご馳走してもらって、とっても安心感を覚えていきました。
その日やっぱり求められるのかなと思っていたんだけど、結局彼は手を出してこなかったんですよね。
それで、5日間ほど彼のワンルームマンションにお邪魔をして、そこから学校に通っていました。
それで最後の日は自分から求めるようにして関係を作ってしまったんです。
「また会って欲しいんです」
恥ずかしかったけど思い切って彼に伝え、LINE交換もしました。
その後その人と頻繁にやりとりをするようになり、食事に出かけたり映画を見るようになったりする関係を作り、本当に自然な形で恋人って関係になってしまいました!
まさか家出をして素敵な彼氏を見つけ出すことができるなんて思ってもいませんでしたよ。
この事を高校時代の親友に話してみたんだけど「素晴らしい出会いを見つけちゃったんだね」って喜んでくれました。
それからは頻繁に彼のワンルームマンションに出かけては、一緒に生活をしたりして、プチ同棲生活を始めてしまっているんです。
彼の洗濯とか部屋の掃除とかもやってあげられるし、一緒の生活をするのがとても楽しいし、親からも離れられるので全てが完璧な状態になっているって感じがします。